FC2ブログ
ウソつきの言うこと
- 2012/02/15(Wed) -
「オオカミが出た」とウソをついて大人をだました羊飼いの少年が、本当にオオカミが出たときに誰にも信じてもらえなかった、というイソップ物語があります。

その結末については昔から議論されていて、私もずっと気になっていました。
つまり、最後にオオカミに食べられてしまったのは誰か、ということです。
それによって、この物語から得られる教訓が変わってくるからです。

少年が食べられたのであれば、「ウソばかりついていると、人から信用されなくなるよ」という戒めになります。
ところが、村の羊が食べられたとするならば、「ウソつきの言うことでも、先入観を持たず耳を傾けるべきだよ」という話になってしまいます。

そしてイソップの原典は後者だとされています。

日本でいま、「ウソばかりついている人」と言えば、政治家、官僚などがあげられます。
とくに東電。何を言ってもすんなりと信じることができません。

異常な高温を示した、福島第一原発2号機の温度計について、東電は「故障」と断定しました。
たしかに科学的にはその通りかもしれません。
しかし、「温度計が故障していない可能性も考慮して、これこれの対策も講じております」とのひとことがなぜ出てこないのか。
事故当初、水位計の故障に気付かなかった件は忘れてしまったのでしょうか。
東電に反省がないものだから、国民も信用する気になれないわけです。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<便乗商法 | メイン | 足の裏のホクロ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |