FC2ブログ
障害と障碍
- 2016/05/20(Fri) -
子どもの頃は、和式便所でした。毎朝、しばらくしゃがんでいる間、じっと見つめていた文字があります。
便器メーカーのロゴ「Toyotoki」です。筆記体の青い文字で、2つの「T」の横棒がつながっていました。
小学生になって、ローマ字が少しわかるようになると、その文字を「トヨトキ」と読んでいました。

当時、東芝のロゴも筆記体の「Toshiba」でしたが、これは少し崩してあったので、私には読めませんでした。

ある時代から、いつのまにか「Toyotoki」を見なくなり、周囲は「TOTO」だらけになりました。
なんのことはない、「東洋陶器」の社名が「東陶機器」になっただけの話ですが、これは後から知りました。

「INAX」(現LIXIL)も、元はTOTOと同じ企業グループだったことを、大人になって知りました。
ライバル会社が同根だというのは、「積水ハウス」と「セキスイハイム」の関係にも似ています。

ついでに言うなら、食器や研磨工具の「ノリタケ」も、TOTOやINAXと同じ「森村グループ」。
「Noritake」のロゴは、今なお青い筆記体ですね。その雰囲気が、昔の「Toyotoki」に似ています。

企業のロゴはおおむね、筆記体からブロック体、しかもゴシック体へと、移り変わってきました。
なので今となっては逆に、筆記体のロゴはレトロでいいですね。

「ノリタケ」の前身の「日本陶器」から、「碍子」部門が独立したのが「日本ガイシ」。
碍子とは、電線などの絶縁に使うセラミック。子どもの頃は「が石」と思ってましたが、「碍子」なんですね。

碍子の「碍」(礙)は、妨げとか邪魔という意味で、「害」とほぼ同義。
「障害者」と書くかわりに、最近は「障がい者」とか「障碍者」という文字が使われることがあります。
イメージの悪い「害」の字を避けるために、あまり使われていない「碍」に置き換えてみたのでしょう。
置き換えたところで意味は変わりませんが、なんらかの配慮をした、という事実が重要なのかもしれません。
こういう無意味な言葉狩りには、賛同できません。その意味では「障がい者」でも同じです。

「日本ガイシ」から点火プラグ部門が独立したのが、世界トップシェア「NGK」ブランドの「日本特殊陶業」。
最初に買った車は、時々プラグの清掃などやっていましたが、この30年間、自分ではやったことないですね。
NGKは、一度行ったことがあります。プラグは売ってなかったですが、芸人さん達がスパークしていました。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<肝炎ウイルスと肝炎 | メイン | 老衰と医療費>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |