FC2ブログ
舛添問題
- 2016/05/31(Tue) -
パナマ文書に比べたら、舛添問題など屁みたいな話ですが、それなのに毎日のように報じられています。
なんか、どうでも良くなってきましたよ。もっと大事な問題が、ほかにあるんじゃないの?

以前は悪徳政治家を批判していた舛添氏なので、その豹変ぶりは、たしかに問題にされてもしょうがない。
庶民感情からすれば許せない面もあります。しかし悪質度の低いセコい「悪事」ですよ、実際のところは。

舛添氏は頭脳明晰だと、かつて言われていましたが、それは間違いだったようですね。
本当に頭がよければ、たとえ合法的でも、あとで叩かれるかもしれないようなことは、最初からやらないはず。
疑われそうなことは、やるべきではないのです。昔から言うでしょう、「李下に冠を正さず」と。

何よりも、問題発覚後の舛添氏の対応がいけません。記者会見等における言動が、まったくダメ。
法律違反はしていないという自信があるものだから、謝る必要性を感じていないのでしょうが、それが間違い。
そんなことしてたら、マスコミはいくらでも、プライベートでも何でも、重箱の隅までほじくってきますよ。

庶民が求めているのは、真相究明よりも先に、舛添氏の真摯な態度です。まずは、反省と謝罪が欲しいのです。

「すみません、私が間違っていました。もう二度とこのようなことはいたしません」と、最初から謝れば、
「まあまあ、お手をお上げください。今後はしっかり頼みますよ」と、なるでしょう(ならないか?)。
これを機に、正しく豹変してほしいものです。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<接種控え対策 | メイン | 河岸段丘>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |