FC2ブログ
エアバッグ
- 2016/06/10(Fri) -
愛車がリコールです。エアバッグの不具合です。ただし、タカタのリコール騒ぎとは、別問題。
タカタの場合は膨張装置の異常ですが、私の車では、コントロールユニットに問題があったようです。

基盤の「不適切な洗浄」のために、素子間が通電(ショート)してしまう可能性があるとのこと。
「最悪の場合、衝突時にエアバッグが展開しないおそれがある」と、資料にあります。怖い話です。
それにしても、世の中の交通事故で、エアバッグはきちんと開いているのでしょうか。見たことないですが。

衝突して搭乗者が頭をぶつける前に、バッグが完全に開くという、その瞬時のメカニズムがすごいですね。

センサーが衝撃を感知し、コントロールユニットが判断し、火薬に点火、着火してガスが出て膨らむわけです。
【感知→判断→点火→ガス発生→膨張】簡単に言えば、こんな流れ。これが20〜30ミリ秒で完了すると。

だいぶ異なりますが、北朝鮮からミサイルが発射されたときに警報を出す「J-ALERT」を思い出しました。
【感知→判断→送出】を1分以内に完了するものですが、前にも書いたように、うまくいきませんでしたね。
なにしろ、判断するコントロールユニットが「官邸」というのがネック。律速段階となりました。

自転車で以前、転倒したことがあるので、自転車用のエアバッグには興味があります。市販されています。
マフラー型で装着は簡単。地面などに頭部をぶつける時までには、頭頸部全体をエアバッグが覆ってくれます。
ちょっとした転倒でも、すぐ作動するようです。うかつに作動させたら、恥ずかしいことになりますね。
一度作動したら再利用不可。税込5万4千円也。つまり、転倒1回に付き5万4千円の出費です。さあどうする?

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<健診前はいつも通りに | メイン | ニホニウム>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |