FC2ブログ
名演奏で号泣
- 2016/07/03(Sun) -
池辺晋一郎という、ダジャレ好きの作曲家がいますが、今朝の日経に面白いエッセイを書いていました。
「ものの名前」というタイトルで、地名や曲名や、やっぱり地名の問題を、わりと真面目に取り上げています。

その内容はともかく、池辺氏が、地名の由来や変遷について興味深く考察している点が、じつに興味深い。
このオジサンって、たいした人なんでしょうけど、ダジャレがベタなんですよね、テレビ番組で見てると。

NHKの「N響アワー」では、池辺氏のダジャレに対する、アシスタントの女性(女優)の反応が見物でした。
檀ふみさんは、さすがにうまい切り返しでしたが、途中でアシスタントが若村麻由美さんに変わりました。
しばらくは毎週、ヒヤヒヤしながら見てましたが、だんだん慣れてくるものですね。

この番組では、とくに思い出深い回があります。
それは、尾高忠明が指揮した、ブラームスの交響曲第一番の演奏を聴いたときのこと。
この曲は私も、中学1年の時に、先輩の田中雅弘さんから奨められて聴いて以来、ずっと大好きな曲です。

尾高氏が渾身の指揮。N響のメンバーが驚愕の演奏。あれはもう、涙が出そうになるぐらいの、名演奏でした。
そしたら若村麻由美も、番組中なのに、号泣です。泣きすぎて、その後のトークができなくなりました。
これは彼女の情緒不安定によるものではありません。よく見たら、あの池辺氏も、少しウルっとしてましたよ。
泣くのをギリギリこらえていた私も、2人の様子を見て、目頭が熱くなってきました。

この番組は録画してたので、すぐDVDに焼きました。DVDは書斎のどこかにあるはずですが、行方不明です。
数年前からときどき探しているのですが、見つかりません。書斎は震災前から、ひどい状況だったのです。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<地震関連死認定基準 | メイン | 自動運転車の能力>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |