FC2ブログ
壁紙修復DIY
- 2016/07/06(Wed) -
熊本地震で、当院の備品等は一部損壊しましたが、建物自体の被害は比較的軽微でした。
そんな中で、壁紙(クロス)は、あちこちで裂けました。数えてみると、大小合わせて50カ所以上。
壁と建具の揺れ方のミスマッチが原因でしょうか。ドアや窓に近接する部分で、壁紙がいちいち裂けています。

ハウスメーカーに修復の見積を依頼したところ、予想よりも1桁高い、腰を抜かすぐらいの金額でした。
足場を組み、エアコン等を外し、壁の下地を修復し、壁紙をすべて貼り替えるという、壮大な工事です。

申請すれば、国からの補助も出るのですが、それでも高すぎます。というわけで、DIYです。部分修復です。
修復にはどのような道具が必要か、ネットで予習してから、ハンズマンに出かけました。が、売り切れ。
壁紙修復関連用品が、ことごとく売り切れています。むむむ、甘かったか。というわけで、Amazonで発注。

そのグッズが届いたので、先週から診療の合間などに少しずつ、修復を行っています。
以下、文章ではわかりにくいのは承知で、その手順を書いてみましょう。

(1)修復部付近の壁紙を剥がす(めくる)ために、カッターで切り込みを入れ、壁紙を観音開きにする
(2)デコボコに盛り上がった下地をカッターで削る
(3)パテを塗って窪みを埋めて平らにし、パテが乾いて縮んだら塗り重ね、乾かす
(4)壁紙用の糊を塗って、観音開きしていた壁紙を元に戻して貼り付け、ローラーでならす
(5)乾いたあとで、隙間があればコーキングを入れ込む

素人がやったにしては、思いのほか仕上がりが良く、なかなか楽しいDIYですね。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<道の探求 | メイン | 丸シールで点描画>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |