FC2ブログ
たべるのがおそい
- 2016/07/19(Tue) -
芥川賞は、村田沙耶香の『コンビニ人間』が受賞しました。今村夏子の『あひる』じゃなかった。

たまたま先週、日経の文化欄で、地域発の文芸誌が紹介されていました。そのひとつが『たべるのがおそい』。
『たべるのがおそい』。これで雑誌名です。福岡発。今年4月に創刊され、年2回の発行予定だとか。

こんな雑誌があったことに「気付くのがおそい」私です。食べる速さは、中の上です。
その存在を知るやいなや、ただちにAmazonで注文しました。「衝動買いするのは早い」のです。

そこに掲載されていた、今村夏子の『あひる』が芥川賞候補になっていたことも知らずに、発注したわけです。

それが昨日届いたので、芥川賞の選考会前に読むことができた行きがかり上、『あひる』を応援していました。
今回の候補作は5つ。発表された文芸誌は、『文學界』『文學界』『群像』『新潮』『たべるのがおそい』。

いやいやどうですか。そうそうたる文芸誌に並んで『たべるのがおそい』の脱力感は、なかなかです。

『あひる』は、中学生が書いたような平易な文章なのに、読み進むうちに、いや〜な予感が立ちこめてきます。
主人公と、その親と、近所の子どもたちという3世代の、そのどれにも感情移入できるのが不思議でした。
火花』で挫折した人でも、読めます。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<恋文は夜書くな | メイン | 蛸とタコ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |