FC2ブログ
定額読み放題始まる
- 2016/08/03(Wed) -
Amazonの定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」が、日本でも今日から始まりました。
月額980円で読み放題です。いまはその、無料体験期間。新しモノ好きなので、さっそく登録してみました。

品揃えは、和書12万冊だとか。それが自宅のMacでも、職場でも、スマホでも読める。
いまの私は、大型書店か図書館の中で暮らしているようなものです。さっそく今夜、2冊ほど読みました。
1冊目は、パソコン雑誌『Mac Fan 9月号』。2冊目は、『うなぎ 一億年の謎を追う(塚本勝巳著)』。
定価だと、合計で2,402円の2冊です。これだけでもう、元は取れるわけです。しかも今は無料だし。

それで思い出すのは「Apple Music」です。あれも月額980円。ちょうど良い額なんでしょうか、980円。
Apple Musicの場合、3カ月間の無料期間のときに、いろんな曲をやたらに聴きました。
ところが有料会員になってからは、なんとなく音楽を聴く時間が減っています。
「いつでも好きなだけ聴ける」という環境に満足してしまい、かえって聴かなくなっているのかもしれません。

Kindle Unlimitedでは、どうでしょう。
「いつでも好きなだけ読める」という環境に満足してしまい、あまり本を読まなくなるのでしょうか。

いや、そうではないでしょう。音楽と本では、大きな違いがあります。
音楽では、すでに購入しているお気に入りの曲ばかりを、たびたび聴いてしまう傾向があります。
一方で本は、実用書とか一部の愛読書は別ですが、多くの本は、読むのは1度っきりでしょう。とくに雑誌類。
ならば定額読み放題サービスって、けっこう使えるかもしれません。

衝動買いして「積ん読」状態の本が、私には多いのですが、そのようなムダも省けそうです。
特集記事だけ読みたい雑誌だとか、収載されている短編小説一篇だけ読みたい時とかにも、いいですね。
あと1カ月間、読めるだけ読んでみて、また報告いたします。ちなみに『うなぎ・・・』は面白かった。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<漢字かな混じり文章 | メイン | レントゲンもデジタル>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |