FC2ブログ
生前退位の違和感
- 2016/08/09(Tue) -
天皇陛下が、「生前退位」に関連したお言葉を述べられました。
今日はその、天皇陛下のことではなく、一般用語としての「生前」について考えてみました。

「生後」と言えば、「生後間もない赤子」のように、生まれた後、という意味です。
ところが「生前」は、生まれる前、ではなく、生きている間、あるいはむしろ死ぬ前のことを指します。

「生前」とは、仏教用語で「往生」前のことを指すようです。死んで仏に生まれ変わる前、という意味です。
辞書を引いてみると、
大辞林:死んだ人がまだ生きていたとき。存命中。死ぬ前。
デジタル大辞泉:その人が生きていたとき。死ぬ前。在世中。
日本国語大辞典:生きていた時。死ぬ前。在世中。
仏教語大辞典:(1)すでに死んだ人の、生きていた間。(2)一生の間。生涯。

いずれも、死んだ後になってから、その人の存命中のことを指すような使い方です。
だから、生きている人に対して「生前」を使うことに、私は違和感を感じるのでしょう。

しいて言うなら、迫る死を意識し始めた(まだ生きている)時期、という解釈を付け加えたい気がします。
天皇陛下の「生前退位」における「生前」には、そのような意味を感じます。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<ポケモンGO、その後 | メイン | 睡眠薬の処方と不正>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |