FC2ブログ
久しぶりにCDを買った
- 2016/08/11(Thu) -
慣れというのでしょうか。私にとって音楽は、ついにストリーミング再生が当たり前になってしまいました。
音楽を聴く時間そのものが減ってはいますが、たまに聴いても結局、AppleMusicで済ませています。

そのようなことでは所有欲が満たされないと、以前は書きましたが、いまはもう、その気持ちも微妙です。
所有って何でしょう。手軽にストリーミングで聴けるようになると、その意味が不明瞭になってきています。

昔は、お気に入りのレコードジャケットを、インテリア代わりに部屋の壁や棚の上に飾ったりしたものです。
しかしCDになってからは、飾らなくなりました。ラックにしまい込んで、CDの背中だけが見える状態です。

それどころか、買ったCDがそこに実在していなくても支障は無い、ということが判明しました。

先日、久しぶりにCDを買いました。好きなアーティストの5枚組のCDが、Amazonで超格安だったのです。
こういう曲数が多いCDは、iTunesStoreではどうしても割高になってしまいます。6,000円でした。
ところがAmazonでは、輸入盤(もちろん新品)が1,392円でした。あわてて買いました。

CDが届いたので、早速聴こうと思ったのですが、肝心の自宅のオーディオ機器が、震災後不調のままです。
なにしろ、フロントスピーカーは倒れ、壁に設置していたリアスピーカーは床に落下していましたからね。
あちこちの配線が断線気味だし、それどころか書斎がまだ片付いてない。それを忘れてました。

ならばCDはパソコンで再生しようかと思ったら、私のMacBookProには、CD入れる穴がない。ありゃま。
でも大丈夫。購入したCDのジャケットを眺めつつ、曲はAppleMusicで聴くことができました。
つまり、CDを買って所有欲を満たし、音楽はストリーミングで聴くというわけです。何か間違ってますかね。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<スタバではグランデか | メイン | ポケモンGO、その後>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |