fc2ブログ
震災と首相
- 2012/03/13(Tue) -
震災後1年。さまざまな問題点が浮き彫りになりました。
そのうちひとつだけ挙げるとすれば「総理大臣のリーダーシップの欠除」

これは当時の菅首相個人の問題ではなく、国の体制の問題です。

原発事故現場からの撤退を打診する東電幹部を、菅氏が怒鳴ったと、それが彼の唯一の功績のように言われています。
これを聞いて一瞬だけ、米国大統領を描いたドラマのシーンを思い出しました。
ただし、大統領のように絶大な権限と自信をもって怒鳴ったのではなく、ただのイラ菅だったのかもしれません。

米国のように日頃から戦争をしているような国は、緊急事態への対応がしっかりしています。
平和ボケしている日本でも、非常時の体制は固めておかなければなりません。
官僚は法に縛られるので、あらかじめ決めていないことは何もしません。
政治家が決断をするしかないです。そしてその権限は信頼できる首相に集中すべきです。

与党内の派閥の力関係で、選ばれたりすげ替えられたりする日本の首相には、強いリーダーシップは期待できないのでしょうか。
その意味で、首相公選制の導入は面白いかもしれません。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<新幹線の電気代 | メイン | ヘンな夢>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |