FC2ブログ
コオロギの目的
- 2016/08/18(Thu) -
「今が楽しけりゃ、それでいい」と聞くと、そんな刹那的な考え方でどうする、と説教したくなります。
しかし、「将来のためなら、今はどうでもいい」と言う人には、今も大切にしようよ、と諭したくなります。

自然界の生き物のドキュメンタリー番組を見ていて、ふと思いました。彼らの生きる目的は何なのだろうと。
昆虫や植物などの活動が、あたかも「子孫を残す」ことが唯一最大の目的のように、解説されるからです。
子孫を残す以前に、その個体(虫など)自身に、生きる楽しみはないの?

病気を起こすウイルスもそう。
ウイルスは、特定の宿主の特定の細胞に入り込むと、俄然、子孫を増やすために自己複製を開始します。
さらに、他の宿主に感染を広げていきます。複製だけが目的であり、それ以外にプロジェクトはありません。

人間はしかし、遺伝子以外の何かを後の世に残すことに、その存在意義を見いだすことができます。
それを業績と言ったり、思い出と言ったりします。その人の画像や映像や、創作物も残ります。
遺伝子以外の情報を、社会の中に残すことができるわけです。
そこが昆虫やウイルスや他の動物とは異なる、人間ならではの存在意義、生きる目的なのだと思います。

しかしその業績や思い出も、孫やひ孫や、せいぜい数百年後の、最大限に見積もっても数千年後までの話。
そのあとの時代まで残っているものは、結局、遺伝子なんですね。昆虫やウイルスと同じです。
だから人間は、何かを残すために生きているなどと偉そうなことを言わず、今を楽しめばいいのです。

浴室の窓から、コオロギの鳴き声が聞こえてきます。そのよく澄んだ鳴き声には、聞き惚れてしまいます。
鳴くのは求愛のためだけなのでしょうか。いい音色に自己満足しているコオロギは、いないのでしょうか。

関連記事
この記事のURL | 生物 | CM(0) | ▲ top
<<吉田選手、銀メダル | メイン | 手術と異物反応>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |