FC2ブログ
Amazonでソフト購入
- 2016/08/30(Tue) -
Amazonでソフトウェアをダウンロード購入して、「落とし穴」と「抜け穴」を経験したので、その話です。

買ったのは「Microsoft Office 365 Solo(1年版)オンラインコード版」というソフト。
ダウンロード版のOffice、1年限定版です。WindowsにもMacにも対応。2台のPCにインストールできます。

Macにだって、純正ワープロや表計算やプレゼンのソフトはあるのですが、どうしてもOfficeが必要です。
なぜなら、官公庁がしばしば、申請書や提出用文書にMicrosoft Excelのファイルを指定してくるからです。

世の中でいくらApple製品が脚光を浴びても、お役人が使うPCはWindows。Macのことは考慮しないのです。
しょうがないので、Windows版Officeと互換性のある、Mac版Officeを購入することにしたわけです。

Amazonで、前述のソフトの購入ボタン「ダウンロード版を購入」をクリックしました。
すると「サインイン」を経て、クレジットカード番号の再入力を求められました。このあたりは厳格です。
それを入力すると次の画面では、購入金額の全額が、Amazonギフト券での購入となっていました。
私は今回、手持ちのギフト券を使いたくなかったのに、購入方法はギフト券オンリーなのです。

納得がいかないので、Amazonのカスタマーサービスに電話してみました。
この手の電話は、通じるまで20分ほど待たされるのは覚悟の上でしたが、なんと、2秒で担当者が出ました。

彼によると、「ソフトウェアなどの購入の場合には、ギフト券を優先して使う仕組みです」とのこと。
これは落とし穴ですね。つまり、ギフト券があれば、絶対にそれを使わなければならないというわけです。

それは困ると食い下がったら、担当者が「裏技があります」と、抜け穴を教えてくれました。
「まず、ギフト券の残高以上の通常の商品をいったん購入して、ギフト券を使い切ってください」
「それからソフトを購入してください。その前に購入した商品は、あとで当方でキャンセルしておきます」と。

彼を信じて、たまたま目に付いた11万円の腕時計を購入。それからOfficeを購入。
あとでアカウント情報を見てみると、購入履歴には、腕時計購入の痕跡すら残っていませんでした。
Amazonは、とても親切な対応をしてくれましたが、商品購入情報を管理されている怖ろしさも感じました。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<ワクチン足りるのか | メイン | 術後せん妄と診察>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |