FC2ブログ
シン・ゴジラを観る
- 2016/09/13(Tue) -
近所の映画館「TOHOシネマズ光の森」が、震災からようやく復旧して、本日オープンしました。
再開を祝ってオープン初日の今日、朝いちばんの上映を観に行くのが近隣住民の勤めでしょう。

夫婦のどちらかが50歳以上なら1100円、という割引特典を利用し、ネット予約して行きました。
これがあと4年もすれば、私一人でも、いつでも1100円になるのです。その歳(還暦)が楽しみです。

観たのはもちろん、話題の『シン・ゴジラ』。なかなか面白い社会派ドラマでしたね。えっ、怪獣映画?

難を言うなら、倒壊した家々の映像が、つらい。熊本地震を思い出してしまいます。
春の連休に封切られていたら、とても見る気にならなかったでしょうが、どうせ当時は映画館も壊れてました。

監督の庵野秀明氏は、私と同じ山口出身、しかも同い年。そんなヤツいたかなあ。あ、高校が違いました。
しかし少年期には、もしかすると私は庵野氏と近い空間にいて、ニアミスしていたかもしれません。

帰宅後に、比較のため、録画しておいた初代『ゴジラ』を観てみました。1954年の白黒映画です。
夜のシーンが多いため、白黒のゴジラが黒光りして妙に生々しく、決してCGには劣らない迫力でした。
銀座和光をゴジラが破壊するシーンには、和光本社が激怒したらしいですが、もちろん今なら逆でしょうね。

初代ゴジラはラストで完全に死滅したので、第二作では「別のゴジラもいた」という、やや苦しい設定でした。
その点、『シン・ゴジラ』は、ぬかりない。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<MRワクチン品薄 | メイン | Suicaのタネ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |