FC2ブログ
4月生まれはBダッシュ
- 2016/09/20(Tue) -
B型肝炎ワクチンの定期接種が、10月1日(土)から始まります。
予診票がなかなか届かないので、本日医師会に問い合わせたところ、「いま送るところでした」との返事。

B型肝炎ワクチンは、全部で3回接種します。その接種間隔は、次のように規定されています。
(1)1回目と2回目の間隔は27日間以上(4週間後に接種可能)
(2)1回目と3回目の間隔は139日間以上(20週後に接種可能)

10月1日から接種を開始すると、3回目は2月18日から接種可能という計算になります。

定期接種の対象は、今年4月生まれ以降の、0歳のお子さんです。
誕生日の141日前までに接種を開始しなければ、3回目の定期接種ができなくなります。
たとえば4月1日生まれの場合は、11月11日に接種を開始すれば、ギリギリセーフです。

体調不良など諸事情あって、3回目の接種が遅れ、未接種のまま満1歳になってしまう方も出てくるでしょう。
この場合、3回目の接種は任意接種となり、有料です。国による救済措置はありません。
厚労省のQ&Aには、次のように明記されています(一部字句改変)。

Q「1歳までに3回目の接種が完了しなかった場合、保護者等に対して3回目の任意接種を勧めるべきか」
A「保護者には十分なスケジュール管理をしていただき、1歳に至る前に3回接種を完了することが重要です」

かみ合ってませんね。つまりこうです。
Q「1歳までに3回終わらなかったらどうする?」→A「1歳までに3回終わることが重要です」

国は、臨機応変なことはしてくれません。定期接種対象者は、10月に入ったら早めに接種を開始しましょう。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<外山滋比古 | メイン | 診療の優先順位>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |