FC2ブログ
開院9周年
- 2016/10/01(Sat) -
本日、つるはらクリニックは、開院9周年を迎えました。
これもひとえに、皆様方の温かいご支援のおかげです。厚く御礼申し上げます。
(↑鋭くない人でも、1年前のブログの「8」を「9」に変えただけじゃん、と気付くことでしょう)

9年間と言えば長いですが、振り返って思い出されるのは、この半年のこと。熊本地震後の苦労ばかりです。

今日来院された患者さんにもまだ、親戚宅へ避難中の方が何人もいました。
自宅の雨漏りがひどくて天井がカビだらけで、ずっと咳が止まらない、というお子さんも受診されました。

高血圧の方々のうち約半数は、自宅の血圧計が故障したせいで、いまだに日頃の血圧が測れない状況です。
体重計が壊れたので体重もわからん、という方もいます。

隣のサンピアンは、先月から1階の食品館がオープンし、昨日からはATMも使えるようになりました。
2階と3階の復旧は年末までかかるとのことですが、気長に待つしかありません。

益城町を、数日前に訪れてみました。
驚いたことに、5月に行ったときの光景と比べて、あまり大きな変化はないように見えました。
もちろん、着々と復旧・復興は進んでいるのでしょうが、倒壊したままの住宅がまだ、無数にありました。

熊本の地で開業した者の責任として、可能な限り被災者に優しい診療を心がけようと、決意を新たにしました。

土日祝日は、益城町や阿蘇方面など近隣一円からの受診者も多く、時間通りに診療が終わることはまれです。
平日には、共働きやひとり親家庭の子どもさんが、とくに午後6時を過ぎてから混み合ってきます。

所定の診療時間を過ぎても、患者さんが途切れるまで、夜まで診療する。この姿勢は続けたいと思います。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<朝の受付時間 | メイン | ヂアミトール>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |