FC2ブログ
研究のスケール
- 2016/10/04(Tue) -
ノーベル医学・生理学賞は、東工大の大隅良典栄誉教授への授与が決まりました。すばらしいことです。
「オートファジー」については、新聞や雑誌等で詳しく解説されるでしょうから、そっちに任せます。

大隅先生と比べるのも恐れ多い話ですが、私が大学で研究をしていた頃のことを思い出しました。
当時の研究テーマは「心筋保護」でした。心臓手術中の心筋細胞を保護する方法を、向上させるのが目的です。
手っ取り早いのは、特定の薬剤Aを、さまざまな濃度やタイミングで心臓に作用させて、結果を評価する方法。
これがうまくいけば、明日からでも(実際には数年後には)、薬剤Aを臨床応用して、医学に貢献できます。

しかし私は、心筋細胞に何が起きていて、どのような工夫が求められるのか、その方に興味がありました。
当時の私は、薬効を調べるよりも、病態そのものを究明する方がより質の高いテーマだろうと思っていました。

すぐ応用できる治療研究ではなく、将来の医学に貢献する研究をしたいと考えていたのです。若気の至りです。

そしたらある時、生理学の野間昭典教授に病態研究のことを尋ねた際に、こんな言葉が返ってきました。
「僕は病態よりも、まず生体に興味がある。だってカラダには、まだわかってないことがたくさんあるでしょ」

ショックでした。「治療より病態研究だ」と思ってた私が、「病態より生体でしょ」と言われたのですから。

大隅先生は、「すぐに役に立つ研究」ばかり求められる昨今の日本の風潮を危惧する発言をしています。
「何が将来本当に人類の役に立つかは長い歴史によって初めて検証されるものだ」と。
学術研究よりも実践的職業教育を重視する発言をした安倍首相への、批判もあるんでしょうね、きっと。

本当にスケールの大きな研究をする人は、数十年後、百年後を見据えているんだなと、改めて思い知りました。

関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<オプジーボ値下げへ | メイン | 敷地内禁煙>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |