FC2ブログ
点滴殺人事件
- 2016/10/08(Sat) -
横浜の「点滴殺人事件」は、誰が犯人か、動機は何か、という点については、私はあまり興味がありません。
気になるのは、使用前の点滴に毒物を混入しておくという、その手口。完全犯罪のやりやすさ、です。

事件発覚のきっかけは、職員がうっかりして、点滴のボトルを落としてしまったことでした。
落とさなければ泡立たず、誰も気付かなかったでしょう。その後も点滴中の「病死者」が相次いだはずです。

職員のミスによって完全犯罪が暴かれたわけで、犯人にしてみれば、まったく想定外の展開となりました。

未使用の点滴袋のゴム栓部分に貼られた保護シールに、小さな穴が開いていたと報じられています。
シールを剥がせば怪しまれるので、シールを貼ったまま、細い注射針で薬物を点滴内に注入したのでしょう。

この手口の犯罪を防ぐのであれば、保護シールの代わりに保護キャップにする方法があります。

たとえば多くの薬瓶(バイアル)は、ガラス瓶にゴム栓、そこにプラスチックのキャップが付いています。
未使用かどうかは、キャップを見ればすぐわかります。このキャップを注射針で貫くのは困難です。

まあそれにしても、今回事件が発覚するまでに、この病院でこれまでに何人が点滴殺人されたのでしょうね。
いやそれどころか、他の病院でも過去に多くの人が、点滴を使った完全犯罪で殺された可能性もあります。
なにしろ被害者はすべて病人です。急死しても怪しまれにくい点がまた、犯罪を容易にします。

それもこれも、バレないように点滴袋に毒物を混入するのが、簡単すぎるのが問題なのです。
もっと異物を混入しにくい仕組みにすべきです。そういう改良は、さっさとやりましょう、製薬業界の方。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<阿蘇が爆発的噴火 | メイン | 新色のiPhone 7届く>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |