FC2ブログ
ハイビーム論争
- 2016/10/31(Mon) -
自動車の「ハイビーム論争」について、考えてみました。警察庁が発表したのは、次の事実です。

「道路を横断中の歩行者が車にはねられた昨年の死亡事故のうち、96%の車のライトがロービームだった」

「事故のほとんどがロービームで起きたのだから、ロービームは危険だ」というのが、短絡的な結論です。
しかしその論理展開は、誤っています。たとえば、

「道路を横断中の歩行者が車にはねられた昨年の死亡事故のうち、96%の車が国産車だった」としても、
「事故のほとんどが国産車で起きたのだから、国産車は危険だ」とは言えないのと同じことです。

とは言うものの、私自身は、いつもハイビームで走行するようにしています。その方が、よく見えるからです。
問題は、対向車や先行車がまぶしくないように、こまめにハイビームとロービームの切り替えをするかどうか。
最近は、ハイとローの自動切り替えをする車も出てきており、私の車もそうなので、かなり楽チンです。

ハイビームのまま走ってくる対向車に、たまに遭遇しますが、あれはまぶしい。危険です。
こまめな切り替えのマナーが徹底されないまま、原則ハイビームだと取り締まりを強めるのは、問題です。

さらに、自転車通勤の経験からすると、多くの車が、自転車相手には、ロービームにしてくれません。
おかげで、対向車のハイビームに幻惑されて、植込に突っ込みそうになったことがあります。

ハイビームは、自分の安全運転のためですが、他人を危険に追いやる側面があることに留意すべきです。
「原則ハイビーム」という言葉ばかりが、一人歩きしないようにしなければなりません。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<VISAも使えました | メイン | 職員のマスク着用>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |