FC2ブログ
ノロの検査をどうする
- 2016/12/29(Thu) -
ノロウイルス感染による胃腸炎が流行する時期になるたびに、医者の間では、毎年同じ話題になります。
それはすなわち、胃腸炎症状(下痢や嘔吐)の患者に、ノロウイルスの検査をすべきかどうか、ということ。

論点を整理すると、こうです。
(1)糞便の迅速検査をしても必ずしも陽性反応は出ない(陽性的中率は低い)ので、検査する意味は少ない
(2)3歳以上65歳未満では保険適用が認められていないので自由診療となり、混合診療の問題も出てくる
(3)他のウイルス性胃腸炎と同様に対症療法しかなく、ノロウイルス感染を確認できても治療法は変わらない

このような事実に加えて、今期のノロウイルスはとくに、陽性的中率が低いとされています。
ところが、保育園や幼稚園、あるいは職場からの要請で検査を求めてくる方は、けっこう多いのです。

そういった、施設や会社の方に言っておきます。ノロウイルスの迅速検査では、陰性の証明はできませんので。

このような、陽性的中率が低い検査法は、陽性であった場合にのみ意味があります。ああノロだったのかと。
その反対に、陰性だからといってああノロじゃなかった、とはまったく言えません。

ところが便検査でノロが陰性だと、「陰性だった」=「ノロじゃなかった」と勘違いされやすいのが問題。
ノロ陰性という検査結果を出すことが、ノロではない「お墨付き」を与えてしまうことにもなりかねません。
したがって、ノロではないことを証明する目的では、ノロウイルス検査をしてはならないのです。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<書斎の片付け敢行 | メイン | 仕事納め>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |