FC2ブログ
同期で動悸
- 2017/01/26(Thu) -
文書などの同期保存場所として重宝しているのが「Evernote」ですが、ときどきトラブルに見舞われます。
今日もそう。たまたまpdfファイルを150個ほどEvernoteに取り込んだら、その直後に問題が起きました。

「同期できません」との警告。ファイルが多すぎたかと反省し、取り込んだファイルをすべて、削除しました。
ところが、それでも同期できない。削除操作が逆に、また新たな同期負荷を与えたのかもしれません。
もしや、同期している他のMacにまで、この障害が波及しているのではないかと思うと、動悸がしてきます。

同期型の保存というのは、トラブった状態までもが同期されてしまいかねないのが、いちばんの心配事です。

Evernoteのサイトでサポートページを見ると、いくつか対処法が書いてあったので、片っ端から試しました。
Macを再起動し、Evernoteをアンインストールして最新版を再インストールしましたが、ダメでした。

わらにもすがる思いで、Evernoteのサイトの「ステータスブログ」を見たら、原因はサーバーと判明。
「なんかトラブったんで、必死こいて調べてますんで」みたいな言い訳が、英語で書いてありました。

そんな大事な情報なら、もっと目に付くところに表示してほしいんですけどね。

何か不具合があると、ユーザーは普通、自分の側に原因があると思って、余計なことをしてしまうのです。
おかげで私は、150個のファイルを失いました。あまり重要なファイルではなかったのが、不幸中の幸いです。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<ハドソン川の奇跡 | メイン | ギックリ診療>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |