FC2ブログ
毒針を使う女スパイ
- 2017/02/15(Wed) -
某国の女工作員が、要人を毒針で殺害。まるで昔のスパイ映画じゃないですか。
私はこのニュースを聞いて即座に、映画『007 ロシアより愛をこめて』のワンシーンを思い出しました。
ホテル従業員に化けたソビエト情報局の女性が、いきなり靴の先から飛び出した刃物で蹴ってくる。
あの刃物にも、毒が塗ってあったという話です。小学生のときに見たそのシーンは、とても怖かった。

某国の独裁者は、政府の高官を次々と粛清しています。脱北者などの家族もまとめて公開処刑です。
国のナンバー2でさえ、むごたらしく処刑されました。クーデターを計画していたのが理由とされます。
そしてそのクーデター計画で担ぎ上げられようとしていた人物こそ、このたび殺害されたその人のようです。

工作員たちには、毒針が配布されていたとのこと。そのほかに、どのような凶器を携帯していたのやら。
毒の成分は何でしょうね。殺害現場の国の政府がぜひ、そのあたりを究明してほしいものです。

今回の殺害方法は毒針ではなく、毒薬を染みこませた布で顔を覆ったとも報じられています。
どちらが正しいのか、と悩む必要はありません。毒針がプランAで、毒布がプランBだったのです、たぶん。
一流の秘密工作は、用意周到なのです。ってお前、どっちの味方なんだ、と言われそうですが。

そんなことよりも、もっと重要なのは、本当に殺害されたのか、ということでしょう。
ここは死んだことにして、某国を欺き、その裏でクーデターを起こす、という反撃もアリですから。

(おことわり)
某国関係者がググって当ブログを見つけたら困るので、国名や人名の固有名詞は使いませんでした。
小心者なのです。ご了承ください。

(追記)
女スパイの「毒針」ってガセ情報、どこから出てきたんでしょうね。その後すっかり消え失せましたが。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<予防接種と入園拒否 | メイン | 手術は低侵襲へ向かう>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |