FC2ブログ
手術は現場で見ろ
- 2017/02/22(Wed) -
ドラマ『A LIFE』の視聴率が、第6話でV字回復したとのこと。わが家ではずっと、100%ですけどね。

今回、手術はたった1例。「ドベイキーI型動脈解離」に対する「トータルアーチリプレイスメント」でした。
大動脈弓部(=アーチ)をすべて(=トータル)、人工血管で置換(=リプレース)する術式です。

術式名を聞いた及川光博が「トータルアーチかぁ」とつぶやきますが、まさに現場でありがちなセリフです。
こういうディテールをさらっと流すところが、このドラマのマニアックなところ。
従来のドラマならきっと、「全弓部置換かぁ」と説明調のセリフだったはずです。

右鎖骨下動脈送血で人工心肺を開始(=ポンプオン)したのは良かったのですが、トラブルが発生します。
心臓の挙動が急におかしくなります。心臓が張ってきます。こういうのは、手術中に見る最悪の兆候です。

それをモニターで見るやいなや、「逆行性の解離だ」と言い切る副院長もまた、凄い「脳外科医」です。
ところが心臓外科医たちの手が止まる。その時間が長すぎ。いや、効果的に長く見せてるのかもしれません。

その緊迫した術野が大写しになると、人工心肺回路の脱血管には、薄〜い赤インクのような液体が見えます。
おまけにその液体が流れてない。こういうのが興ざめっていうんですよ。せっかくのディテールが、中途半端。

さらに、いつも言いますけど、手術室内のスタッフが少なすぎます。
心臓外科医3人の他に、麻酔科医と看護師と臨床工学技士。全部で8人ぐらいか。
他の心臓外科医はみな、医局でモニターを見てるなんて、どうかしてますね。どうしてオペ室に行かないの?

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<太陽系外惑星7つ発見 | メイン | ふるさと納税で金券>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |