FC2ブログ
発音と表記
- 2017/03/15(Wed) -
中国系の方は、長音や促音を省いて発音することが多いと前に書きましたが、このたび新発見です。

最近来院された患者さんで、風邪を引いて鼻水がひどい方が、「鼻水 いばい」と訴えていました。
「いばい」の意味がわからず聞き直したところ、それが「鼻水 いっぱい」の意味であると確認できました。
なるほど、「いっぱい」→「いぱい」→「いばい」なんですね。と、ここまでは、まあわかります。

ところが、その方が書いた問診票の、主訴(主な症状)の欄にも、「鼻水 いばい」と記載されていたのです。

つまりこの方は、「いっぱい」という日本語を、「いばい」と聞き取り、「いばい」と理解していたわけです。
なので、しゃべるときに「いばい」と言うだけでなく、文字で書いても「いばい」なのです。

中国の方にありがちな発音は、発音自体の問題ではなく、聞き取りの段階に原因があるということです。
あるいは、外国語の発音は、自分が発音できる範囲でしか聞きとれないのでしょうか。
このことは、外国語の学習において、とても重要なことかもしれません。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<GUIは誰の発明か | メイン | マイコプラズマの薬>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |