FC2ブログ
すきま時間
- 2012/04/21(Sat) -
仕事ができる人間は「すきま時間」を有効に使っている、なんてことが言われています。

考えてみると私自身、日々の診療の合間に、数分単位の「すきま」が何度も何度も出現します。
それらを全部足すと、毎日かなりの時間になることは間違いありません。
これを使わない手はない。では、この細切れの時間で、いったい何をしようか。

そこで思いついて始めたのが、「新聞を読む」こと。
全国紙5紙(朝日、読売、毎日、日経、産経)を、Webで乱読しています。
ひとつの記事や特集は、それぞれ数分で読めます。まさに「すきま」向き。
読み始めてみると、なかなか奥が深い。毎日が発見の連続です。

新聞の良いところは、その鮮度の靍さと、適度に練られた解説。
一方で悪いところは、我田引水、偏った論調。
先日の尖閣諸島買取のブログで書いたのが、その一例です。

新聞が正しいという保証はありません。
むしろ「新聞のウソ」を探りながら読むのが、また楽しいものです。

というわけで、私のすきま時間の活用法は、読書ならぬ「読紙(どくし)」です。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<首都移転 | メイン | 不活化ポリオワクチン9月導入へ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |