FC2ブログ
先輩の急逝に思う
- 2017/03/27(Mon) -
大学の医局の先輩が、2日前に急逝されました。64歳でした。
その2日前には、長時間の心臓手術を執刀するなど、まったく普通に仕事をされていたそうです。
死因は心筋梗塞だったと聞きました。就寝中の出来事です。

このような、比較的若い年齢での突然死には、長患いの後に亡くなる場合とは異なる、怖さを感じます。

ひとつは、自分の身辺整理も、家族や職場へ何か言い残すことも、何もできないということです。
やりかけの仕事や懸案の問題に対して、まったく中途半端なことになってしまい、ひどく不本意でしょう。
残された者にもやりきれない悲しみと喪失感とショックを与え、同時に多大な混乱を引き起こします。

何も苦しまないまま突然亡くなる、いわゆる「ポックリ病」が望ましい死に方だと言う人が、昔はいました。
しかし、ポックリ病の実態は致死性不整脈による突然死の場合が多く、比較的若い方が命を落とします。
そのような死に方が、望ましかろうはずがありません。

助かる命は助けなければなりません。致死性不整脈の多くは、適切な心肺蘇生によって救命しうるものです。
最近では当たり前となった、AED(自動体外式除細動器)も、その有力な救命道具です。
当院にもAEDを設置していますが、それは患者さんのためでもあり、私のためでもあります。

そういえば、自宅にAEDが無いことが、なんだかひどく気になってきました。
もっとも、たとえ家にAEDを設置しても、いざという時に適切に使ってもらえるかどうかが問題ですけどね。
なんにせよ、日々の健康管理が第一だと、あらためて感じた次第です。

関連記事
この記事のURL | 健康 | CM(0) | ▲ top
<<ブログ2000本 | メイン | まだ視聴しています>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |