FC2ブログ
HPVワクチン進まず
- 2017/04/13(Thu) -
子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)は、もう4年近くも、積極的勧奨接種が差し控えられたままです。
世界中で接種が行われ、おそらく数十年後には、子宮頸がんを激減させることが期待されているワクチンです。

日本の若い女性たちは、自分の意思か不本意か、定期接種の対象年齢を未接種のまま過ぎ去りつつあります。
接種機会を事実上奪われた彼女たちが、数十年後に子宮頸がんを発症したとき、誰を恨めばよいのでしょう。

そのような状況がまともだとは、厚労省も思ってはいないはず。接種再開への道を探りつつあります。
最後の切り札とも思えたのが、昨年末の「厚労省班研究祖父江班」の研究結果でした。

それは「HPVワクチンの副作用と思われている症状は、非接種の女性にも見られる」という衝撃的な内容。
報道ステーションが何度も映像を流した悲惨な症状は、ワクチンとは無関係であることを示唆するものです。

ところが、そのセンセーショナルな研究報告で、濡れ衣を晴らせたかと思いきや、厚労省は動きませんでした。
いかに科学的根拠があっても、国民が安心できるレベルには至っていないと考えたのでしょうか。

それから数カ月経ち、つい3日前にまた厚労省が審議会を開きましたが、新たな事実は何もありません。
昨年の研究結果を、もういちど見直しただけです。そして結論は「さらに議論が必要」だと。なんじゃそりゃ。

いくら議論しても新事実が出てくるわけでもなし、勧奨接種を再開に導く根拠が見つかるとは思えません。
かといって新事実が出てこないのに勧奨接種を再開したものなら、今まで接種を止めていた根拠を問われます。
おまけに勧奨接種を再開後に何らかの副反応が出たら、メディアや市民団体に叩かれるのは必至。

もはや厚労省には、勧奨接種の再開を決断する力はありません。ここは、政治決着しかないでしょう。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(2) | ▲ top
<<熊本地震から1年 | メイン | 一晩寝かせたカレー>>
コメント
- Re: タイトルなし -
良いお考えだと思います。
積極的勧奨接種は、すぐには再開されないかもしれませんが(厚労省側にもそれなりの理屈が必要なので)、いつか再開された場合には、日本脳炎ワクチンと同様に特例接種の扱いとなり、接種対象年齢が大幅に拡大されると思われます。
また、それまで待てずに自費で接種した方には、償還払いという形で、接種費用の払い戻しが行われるはずです(たぶん)。このワクチンは、適切な年齢で接種することが大事なので、早めの接種をオススメします。将来の償還払いのために、領収証はしっかり保管しておいてください。
2017/04/17 08:24  | URL | 医療法人ひまわり会理事長 #-[ 編集] |  ▲ top

- -
今日予防接種の時に子宮頸がんワクチンについて話をした者です。マスコミの話を鵜呑みにして自ら何も調べずワクチン摂取の機会を逃した事を猛反省です。。このまま変わらないようであれば自費で受けさせようと思います。
2017/04/14 00:03  | URL | 森下 #4iVJoAfA[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |