FC2ブログ
ステーキ
- 2012/04/25(Wed) -
熊本に引越してきた12年前、すぐに気付いたのは、ステーキレストランが少ないことでした。

その前に住んでいた高松には、客の前で焼いてみせる方式のステーキ店が多かったのです。
もちろん、うどん店よりは少なかったですが、ラーメン店よりは多かった(かも)。


子供の頃はそれを「ビフテキ」あるいは「テキ」と呼んでいました。
「今日はテキよ!」と母が得意気に告げると、食卓に出てくるのはケチャップ味の硬い肉片でした。


小学生の頃、家族旅行で東京に出かけたときのこと。
お上りさん丸出しで、某レストランで夕食。
お冷や(水)をもらおうと、父がウエイターに告げた一言。
「ウォーター!」
田舎者と思われたくなかったのです。
店員はさぞや笑いをこらえるのに必死だったことでしょう。


初めてまともなステーキを食べたのは、学生時代、友人の結婚披露宴でした。
待ちに待ったメインディッシュは、厚みのあるヒレステーキ。
慣れない手つきでナイフとフォークを駆使して、同じテーブルの友人達と競うように、すごい勢いでペロリとたいらげたものです。
「やっぱりヒレはうまいね」とか言っていたところに現れたのがウエイター。

ひとりひとりの皿に、うやうやしくステーキソースをかけて回ります。

関連記事
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | ▲ top
<<大富豪 | メイン | 危険運転とは何か>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |