FC2ブログ
生体認証の突破
- 2017/05/25(Thu) -
スマホの生体認証の方法として一般的な「指紋認証」は、特殊な方法によって破られることがわかっています。
印刷した指紋や粘土にうつした指紋で、iPhoneのロックを解除できた、なんていう話もあります。
持ち主が寝ている間にその指を使って解除したり、スパイ映画ならもっと手荒な手法も登場します。

写真を撮られる時にピースをする癖のある方は、指紋を撮影されないように、指の向きには要注意です。
中指だけを立てるのであれば、指紋はこっち向きなので大丈夫です。

私はApple Payを日常的に使っていますが、それも指紋認証というセキュリティに守られているからこそ。
簡単に破られるようだと、iPhoneを紛失した際に大きなリスクが生じます。

初代iPhoneの発売から10周年を迎える今年、最新機種の生体認証が、大幅に刷新されると噂されています。
指紋認証をディスプレイ上で実現するのか、「虹彩認証」や「顔認証」が導入される可能性もあるようです。
ただ、Apple Payの利用を考えたら、指紋認証じゃなくなると操作が煩雑になりそうなのが心配です。

もちろん虹彩認証の方が、指紋認証よりも高度なセキュリティー機構であることは間違いないでしょう。
すでにサムスンとMicrosoftのスマホが虹彩認証を搭載しており、この点ではAppleは後れをとっています。

ところが、サムスンの最新スマホの虹彩認証がさっそく突破されたと、IT系サイトで報じられました。
顔写真を印刷して目の部分にコンタクトレンズを置くと、見事に認証されたとのこと。
こんな簡単な手法で突破されるのでは困ります。はたしてiPhone8(仮)は大丈夫か。

指紋よりもタチがわるいのは、写真にはたいてい、目が写っていることです。指紋のように隠せません。
虹彩に限らず、人目に付く部分は必ず撮影して再現できるわけで、生体認証に用いると必ず問題が起きます。

指や手掌の「静脈認証」なら、セキュリティ対策としてはかなり高度で、偽造は困難と考えられています。
スマホへの搭載は難しそうですが、こういう技術革新こそ、ぜひAppleに達成してもらいたいものです。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<肉の内部温度測定 | メイン | ロジャー・ムーア死去>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |