FC2ブログ
フィッシングメール
- 2017/05/31(Wed) -
多くの迷惑メールに紛れ込んで、明らかなフィッシングメールを、ときどき受信します。

先日は、Amazonを偽装したメールについて書きましたが、数日前には、Appleを偽装したメールが来ました。
差出人と件名を見ただけで怪しいと思い、メールは開かなかったので、どのような内容だったかは不明です。

Appleのサイトに、フィッシングメールの見分け方と報告方法が記載されたページがあります。
その中のフィッシングメール転送専用アドレス宛に、私が受信したメールを送りつけておきました。

私の場合、差出人と件名ともに英語のみのメールはすべて、迷惑メールとして扱っています。
そんなメールを送ってくるかもしれない、外国人の友達がいないからです。
もしかすると、実は本当にAppleからのメールだったのかもしれませんが、その時はその時です。

少なくともAppleに関しては、日本語で送られてこない限り、フィッシングと考えて間違いないでしょう。
じゃあ日本語の件名なら大丈夫なのか、ということになりますけどね。
いずれにしても、メール内のリンクをクリックしない、という鉄則を守ることしかありません。
Appleからの警告や情報に見えても、リンクからアプローチせずに、Appleのサイトから入るべきでしょう。

ちなみに「フィッシング」は “phishing” と綴り、これは “fishing” の同音異義語ということになっています。
しかし意味は近いでしょう。 “f” を “ph” に置き換えて俗語を作る、ハッカー的な綴りというわけです。
“Vodafone” という電話会社もあるぐらいですから、英語圏の人たちの言葉遊びなのでしょう。
いずれにしても、釣られないようにしなければなりません。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<加計学園と日本語変換 | メイン | ネットの脆弱性>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |