FC2ブログ
出生数100万人割れ
- 2017/06/03(Sat) -
2016年に生まれた子どもの数は、1899年に統計をとり始めて以来初めて、100万人を割り込みました。
その原因をまとめてみると、こういうことでしょうか。
(1)若い女性が、なかなか結婚しない
(2)若い女性が、子どもを産まない
(3)若い女性が、減っている

女性の初婚年齢は、平均29.4歳。これは前年と同じだそうです。
1人の女性が生涯に産む子どもの数(合計特殊出生率)は、この10年ジワッと増えてきています。
しかし、今回は前年を下回りました。とくに、いちばん大事な30~34歳の出生率が低下したことは問題です。

さらに大問題なのは、子どもが減ったいま、出産適齢期の女性が今後もずっと、減り続けることです。

出生率を、あの手この手で増やすことができたとしても、子どもを産む女性が減ったのではどうしようもない。
よほど極端に出生率を上げない限り、子どもの数は増えません。まさに少子化の悪循環です。

こようなことは誰にでも想像できたことです。なぜ10年、20年前に、抜本的な手が打てなかったのか。

「安倍政権としては最優先課題として、しっかり対策を講じていきたい」と、菅官房長官は述べました。
「結婚や子育てに関する希望の実現を阻害している要因」を、1つ1つ取り除いていくそうです。

受動喫煙禁止の実現を阻害している要因すら取り除けないのに、そんな難しい政策が実現できるのでしょうか。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<藤井四段20連勝の余談 | メイン | ピザを焼く>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |