FC2ブログ
なるべく定刻診療
- 2017/06/24(Sat) -
厚生労働省は来月から、午後8時に庁舎を一斉消灯・施錠する取り組みを始めるそうです。
強制労働省」と揶揄されるほど、中央官庁でも断トツの残業時間で知られる厚労省が、まさかの荒行。

ただし、午後8時消灯を毎日実施できるはずはなく、月1回ですらなく、年に1回以上行う計画だと。はあ?

残業を減らして職場環境を改善したいのは、当院でも同じです。
そのために「どうやったら定刻に診療が終了できるんでしょうね」と書いたのは、ちょうど2カ月前のこと。

そこで連休中から、診療をできるだけ定刻の30分過ぎまでには終わるように、調整してみました。
具体的には、予約人数から診療終了時刻を予測して、あらかじめ、予約の受付を早めに終了したわけです。

定刻よりも前に予約受付を終了する。この当たり前のようなことを、じつは初めて私は実践しました。
それ以前は、診療がすべて終了した時点で予約受付も終了する、というスタイルだったのです。
なにしろ、夜遅くなっても診療の予約は断らない、というのが当院開院当初からの原則(ウリ)でしたから。

医者が院内にいるのに受付をお断りするなんてことは、厳密には医師の「応召義務」違反です。
しかし今後は、それもやむを得ません。応召義務よりも、過重労働の回避の方が、いまは重要なのです。
本心ではまだ心苦しいのですが、どうかご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<小田原のドンペリ | メイン | リボ払いしません>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |