FC2ブログ
秘蔵のスコッチ
- 2017/06/26(Mon) -
ショットバーなどに(ごくまれに)行くと、壁の棚にズラッと、さまざまな色や形のボトルが並んでますね。
できれば壁がガラス張りで、向こうに夜景が見渡せるような高層ビルの店が、自宅徒歩圏内に欲しいものです。

さて、現実にはほぼ毎晩「家飲み」の私です。日頃はビール。たまにワイン。ただし庶民的な価格帯のもの。
数年前からウイスキーに目覚め、休前日にはスコッチとバーボンを交互に呑んだりしています。

最近ふと、わが家の納戸に高価なウイスキーが数本、眠っていることを思い出しました。
それらはバブル時代に、誰かからもらったか免税店で買ったような、いずれも名の知れた高級スコッチです。
以前はスコッチに興味が無く、でも高価な品なのでずっとこれまで、保管(秘蔵)し続けてきたのです。
その間に何度引っ越したことか。そのたびに、スコッチはうやうやしく梱包されて運ばれ続けてきました。

熊本地震のとき、その1本が床に落ちて割れ、家中にスコッチのスモーキーなフレーバーが充満したものです。

納戸の高級スコッチはどれも、いま通販で買えば当時(30年前)の2割程度の価格。まことにガッカリです。
さいわいウイスキーの良いところは、何年経っても劣化しない(はず)、ということ。
そこでこのたび、その秘蔵のスコッチを開封して飲むことにしたのです。

まず1本目。プラスチックシールを剥がしてコルク栓をねじると、見事にコルクがねじ切れてしまいました。
気を取り直して2本目。シールを剥がしてコルク栓をねじると、これまたねじ切れました。
コルクが劣化していたようです。そんなコルクは、うかつにねじってはならないことを、あとで知りました。

ねじ切れてボトルに残ったコルク栓をなんとか除去した苦労話は、また後日書くことにしましょう。
ウイスキーとは、飲まずに秘蔵するものではなく、ときどき開栓して味わってやらなければならないのですね。

関連記事
この記事のURL | 食べ物 | CM(0) | ▲ top
<<日本脳炎ワクチン厳しい | メイン | 小田原のドンペリ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |