FC2ブログ
それ、弁膜症かも
- 2017/07/09(Sun) -
最近テレビを見てて思わず吹き出したのが、ACジャパンの支援キャンペーンの、「日本心臓財団」のやつ。
「心臓弁膜症」について啓蒙する、コントのようなCMです。見てない方はぜひ、ネットでご覧ください。

登場人物は、上杉謙信と武田信玄。声の出演はサンドウィッチマン。
「息切れするし、もう年だわ」と嘆く謙信に、「弁膜症のせいかもよ」と信玄。
「ちょっと何言ってんのか、わかんないけど」という謙信の反応は、富澤たけしのお決まりのセリフですね。

たしかに「弁膜症」という聞き慣れない病名の登場が唐突なので、視聴者も「何それ?」ってなりそうです。
まあそのような疑問を抱かせることができれば、このCMも成功したと言えるのかもしれません。

ただしCMには時間が足りなくて、「弁膜症」自体の説明がほとんど、ていうかまったくありません。
結局言ってることは、「息切れが気になったら病院へ」ということ。
最後に、信玄が「高齢者に進言を!」、謙信が「早めに検診を!」というダジャレで締めくくります。

今でこそ、心臓病の代表と言えば、狭心症・心筋梗塞のような虚血性心臓病。次が不整脈かもしれません。
しかし弁膜症も意外に少なくはなく、息切れの原因は弁膜症かもしれませんよと、CMが訴えるわけです。

私が研修医の頃は、「心臓弁膜症」と「先天性心臓病」が、二大心臓病とも言えるものでした。
そのころの心臓手術症例のほとんどが、このいずれかでしたが、とくに多かったのは弁膜症でした。

しかも心臓弁膜症のほとんどが「リウマチ性心臓病」で、その多くが「僧帽弁膜症」でした。
若い医師の方には想像もつかないでしょうけど、昭和の時代はリウマチ性心臓病がとても多かったのです。

そのリウマチ性心臓病の原因は、溶連菌感染症です。いまでも日常的によく遭遇する、子どもの病気です。
今日1日だけでも、新患4人、再診7人の、溶連菌感染症の患者さんが来院しました。それほど多いのです。

さいわい、いまは有効な抗生剤治療があるので、溶連菌感染者が将来弁膜症になる可能性は低いでしょう。
ACジャパンが啓蒙している弁膜症は、実際のところリウマチ性以外のものが多いかもしれません。
でも私は弁膜症と聞くと、リウマチ性の僧帽弁膜症の、再手術・再々手術で苦労した時代を思い出すのです。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<フリクションで軋轢 | メイン | 手袋の使い回し>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |