FC2ブログ
狂犬病
- 2012/05/03(Thu) -
猫ひろしは、カンボジアでしょっちゅう犬に追いかけられるそうです。猫だけに。
ではなくて、いつも練習で道を走っているので、走るモノを追いかける犬の習性を刺激してしまうのだそうです。

我が家の犬アンナも若い頃は、こちらが走ると、目をむいて追いかけてきていました。
最近は落ち着いたもので、私が走るポーズをしても、ただ眺めています。

そんな穏やかな犬であっても、年に1回は狂犬病ワクチンを接種しなければなりません。
狂犬病はヒトにも感染し、発症すると100%死亡するという、恐ろしい病気だからです。

狂犬病の流行地域は、アジア、アフリカ、南米。
さいわい日本では、50年以上発生していません。
だいぶ前のWHOの報告ですが、イギリス、オーストラリアと台湾などでも発生はないそうです。
それらの共通点は、流行地域と地続きでないこと。犬は歩きますから。
なのでイギリスでは、ユーロトンネルが心配の種になっているそうです。

日本でワクチンの接種が義務づけられているのは犬だけです。
しかし、狂犬病の感染リスクがあるのは、犬だけではありません。警戒すべき動物は、法律では

「狂犬病予防法」第二条 第一項
  1)犬
  2)政令で定めるもの

となっています。その「政令」の中身が気になるので調べてみたところ

「狂犬病予防法施行令」第一条
  政令で定める動物は、猫、あらいぐま、きつね及びスカンクとする

なぜこの4種? と疑問を感じながらも、ちょっとほのぼのする条文です。

関連記事
この記事のURL | 健康 | CM(0) | ▲ top
<<新聞読み比べ | メイン | 同窓会>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |