FC2ブログ
そろそろMacへ
- 2017/08/03(Thu) -
バブルの頃、私も職場の同僚も、そしておそらく日本中の医者の多くが、Macを使っていたと思います。
Windowsはまだ発展途上だったので、Macの対抗馬はMS-DOSというOSの、まことに無味乾燥なPCでした。

ところが、最初はへなちょこだったWindowsが、90年代後半からだんだん改良されていきます。
Windowsがそこそこ使いモノになってくると、同僚の医者たちは雪崩を打ってMacから離れていきました。
なにしろ当時のMacよりもはるかに安いし、さらに重要なのは、安価な周辺機器が充実していたことです。

一方で、ジョブズを追い出した後のAppleは、Macのデザインがダサくなり、へなちょこ化します。
Windowsに負けたというより、Appleが自滅、没落していったのです。身売り話もささやかれました。

MicrosoftのExcelは、最初はMac版として開発・発売された、Mac専用の表計算ソフトでした。
でも今では、あとで発売されたWindows版が本家のような顔をしています。だから私はExcelが嫌いなのです。

ジョブズが復帰したAppleは奇跡の復興をとげ、ついに2011年に時価総額世界一となって現在に至ります。
ただしこの2,3年は、米国内IT企業や中国の新興勢力におされ続け、業績にも陰りがささやかれていました。

ところが、心配無用なんですね。需要は根強く業績は堅調で好決算。昨日の株価は上場来最高値となりました。
おかげでダウ平均が過去最高値となり、日経平均まで上がる。Appleが日本経済まで活気づけてくれました。

20年前の暗黒低迷期にもMacを見捨てず、Appleにお布施を続けてきた私にとっては、感慨もひとしおです。
Macを捨ててWindowsに走った皆さん。怒ってないですよ。いつでも戻ってらっしゃい。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<台風への備え、色々 | メイン | 寝る時間がもったいない>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |