FC2ブログ
ポカリで熱中症対策?
- 2017/08/11(Fri) -
川崎市内の工事現場の、「熱中症対策自動販売機」と張り紙がされた、ポカリ1本50円の自販機が話題です。
ポカリ代金の差額は大和ハウスが負担しているそうで、名目は「熱中症対策費用」だとか。

中学生の時、下校中に山口県庁に立ち寄り、職員用自販機で10円のファンタを買ってたことを思い出します。
県庁職員の福利厚生としての格安飲料だったのでしょうけど、私がとがめられることはありませんでした。

それはさておき、ポカリです。熱中症対策として推奨されていますが、場合によっては危険な飲料です。

先日、ひどい熱中症で、全身熱痙攣を起こしている方が来院されました。
作業でひどく汗をかいた後に、発症したようです。熱中症としては最重症のIII度です。
救急車を呼ぶ時間がもったいないので、当院ですぐ点滴しました。病状は劇的に改善しました。

ここまで熱中症がひどくなった原因は、ポカリの飲み過ぎです。

汗には塩分が含まれます。日頃あまり汗をかかない人が急に発汗すると、とくに塩分が出やすいといわれます。
塩分を多量に喪失した時には、塩分を摂らなければなりませんが、大事なのは飲料の水と塩のバランスです。

塩分を失った人が、体液よりも塩分濃度の低い飲料を飲めば、からだの塩分濃度はますます薄まります。
残念ながらポカリは、体液よりもずっと塩分濃度の低い飲料です。飲めば飲むほど体の塩分濃度は低下します。
塩分濃度が下がると、体は水分が過剰と判断して利尿作用が働き、ますます脱水になるおそれがあります。

普通の発汗のときはポカリでも良いですが、ひどい発汗時にポカリを過信しては危険です。塩が足りません。
熱中症対策として、その治療にポカリが最適であるかのようなメディアの扱い方には、問題があります。

関連記事
この記事のURL | 健康 | CM(0) | ▲ top
<<北朝鮮のミサイル経路 | メイン | 応召義務と過労死>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |