FC2ブログ
成功報酬型医療
- 2017/10/05(Thu) -
薬が効いた場合にのみ料金を支払えばよい「成功報酬型」の薬が、日本にも導入されようとしています。
欧米では既に、そのような薬が使われているとのことですが、いろいろ考えさせられる問題です。

「効果が無ければ全額返金」なんてのは、健康食品か健康器具か語学教材の専売特許かと思っていました。
これらの商品の場合、効果が無かったことを立証する必要が無いので、不正返金を目論むヤカラもいそうです。

医療用医薬品の場合にはしかし、厳正な効果判定基準があり、支払が必要かどうかは客観的に決められます。
効果判定前に別の疾患で亡くなったような場合の支払等にも、きっと一定の取り決めがあるのでしょう。

日本への導入が検討されているのは、ノバルティスの「キムリア」。小児の急性リンパ性白血病治療薬です。
1回の治療で済むというその薬は、その1回分の費用が5,300万円といいますから、目の玉が飛び出ます。

このような「成功報酬型」医療費の考え方が、医療全般に拡大するのではないかと、私は危惧しています。

たとえば、治療が効いた場合にのみ医療費を支払えばよい「成功報酬払い」。
「お前の治療では風邪が治らなかったから金は払わん」などと言われる時代が来ませんかね。
医療費を抑制したい行政からすれば、包括払い以上に魅力的なのが、成功報酬払いかもしれません。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<カズオ・イシグロ氏 | メイン | 配合剤の名前>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |