FC2ブログ
こんなお家は
- 2017/10/21(Sat) -
「『Google Home』や『Amazon Echo』などの『AIスピーカー』は、『コネクテッドホーム』の前座だ」
というIT記事が目に付きました。有料記事のため詳しくは読めなかったので、想像を膨らましてみました。

つまり未来は、家中のありとあらゆる物品が、住人と「つながる」ということなのでしょう。
リビングで何かつぶやけば、部屋中の家電や家具調度が、それに応えるという、不気味な未来が迫っています。

件の記事には、次のような記載がありました。
「 “自動化された家” はSFでは30年以上前からよく書かれるテーマの1つだ。ただ、しばしば家のサービスがお仕着せ的で住人の意に沿わないことを繰り返すなど技術の行き過ぎをからかう対象にもなっていた」

これを読んですぐに思い出したのは、子どもの頃(昭和40年代)に見た『こんなお家は』という短編アニメ。
ご存じでしょうか。『トムとジェリー』の2つの話の間に挟まった、いわゆる「真ん中の話」のひとつです。

真ん中の話には、いろんなパターンがありましたが、どれも私は大好きでした。本編よりも好きだったかも。
ドルーピー(声は玉川良一)やスパイクやクマのバーニーなど、いろんなキャラクターが出てきます。
その中で、異色だったのが「未来モノ」。未来の家や車やテレビを、それこそ「からかう」内容でした。

あらためてネットで『こんなお家は』(1949年制作)を見てみると、おかしな未来の家が描かれていました。
税務署対策で部屋が質素に切り替わるとか、ベーコンを叩いて伸ばすフライパンとか、まるでムダな装備です。

そのように未来を茶化して描く中で、「こうなると、テレビはもう一人に一台の時代です」とのナレーション。
家族一人に一台のテレビなど、当時としては考えられない、ムダで笑える未来だったのでしょうね。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<「ゆ党」 | メイン | 『コウノドリ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |