FC2ブログ
キャッシュアウト
- 2017/12/17(Sun) -
主役が直虎か家康かよくわからなくなった大河ドラマが終わりましたが、あの碁石の「完」はどうなんかなぁ。

それはともかく、「キャッシュアウト」サービスが日本で初めて、来年4月からイオンに導入されるようです。
全国のイオンのレジで、「デビットカード」機能を使って、ATMに似た現金引き出しが可能になるとのこと。

少なくともマックスバリュで買い物をする前には、どこかのATMでお金をおろしてくる必要はなくなります。
現金を持たずにレジに並んでも、支払いが出来るどころか、逆に現金を手にして帰ることができます。

少し似たシステムでいうなら、Edyのオートチャージは以前からあります。便利です。
Edyの残高が足りなくても、支払う瞬間に自動的にチャージされ、残高が増えた状態で支払いが完了できます。
よほど高額の(オートチャージ限度額以上の)商品を買わない限り、残高で心配することがありません。

首都圏等の電車に乗る機会がないので私には関係ないですが、Suicaのオートチャージも便利らしいですね。
自動改札機から入場する時点で、もしも残高が足りなければ、自動的にチャージされるシステムです。
Suicaを持っていれば必ず乗れるので、残高を気にする習慣自体が無くなりそうです。

「JRがお金をくれているような錯覚に陥る」と友達がFacebookに書いてました。
たぶん「金の心配はするな。とりあえず電車乗れ」的な、JRの気遣い(戦略)なのでしょう。

レジ業務の煩雑化や手数料負担にもかかわらず、キャッシュアウトを導入するイオンの意図は想像がつきます。
たぶん「金の心配はするな。とりあえずモノ買え。なんなら小遣いも引き出しとけ」でしょうね。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<顔認証の利点・欠点 | メイン | iMac Pro 発売>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |