FC2ブログ
リアルな手術ドラマ
- 2018/01/04(Thu) -
『DOCTORS~最強の名医~』が、新春スペシャルとして3年ぶりの復活です。あれから3年たちましたか。

医療界のドロドロ部分や、少し泣かせる人間ドラマ的側面よりも、私の最大の興味はいつも手術シーンです。
残念ながら、『Doctor-X』と同じく、医療監修が森田豊氏なので、リアリティーはいまいちです。

ですが今日の新春スペシャルは、3年前よりはマシでした。
たぶん、昨年放送された『A LIFE』のマニアックさに影響を受けたのでしょう。

森田氏が、外科医としてどれほどの経験・技量があるかは存じませんが、少なくとも、テレビに出過ぎです。
外科医として過ごす時間が短すぎる、ということを言いたいのではありません。
テレビ番組にたびたび登場するうちに、番組制作者に迎合するスタンスになっているフシがあるのです。
それはたとえば、手術シーンをついつい分かりやすくしてしまうような部分です。

いまの視聴者は、海外ドラマや映画で、徹底的にリアルな手術シーンや救急現場を見ています。
なので逆説的ですが、詳細不明でよくわからない部分があればあるほど、そこにリアリティーを感じるのです。
説明調なセリフを聞いたとたん、シラけてしまい、緊迫したシーンが台無しになってしまうのです。

その意味で、今日の新春スペシャルの手術シーンは、森田氏にしては、そこそこリアルでした。70点。
今後放送されるであろう続編では、より一層リアリティーを追求してもらいたいものです。
コメディー基調のドラマに、リアルすぎる手術シーンというギャップこそ、面白いと思うのです。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<久々の緊急地震速報 | メイン | 加熱式は禁煙にあらず>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |