FC2ブログ
正誤問題でいいのに
- 2018/01/14(Sun) -
センター試験の「世界史B」は、今年も悪問ぶりが健在ですね。たとえば第3問のCは、

「中国最大の都市である上海の外灘に立ち並ぶ重厚な西欧風建築は、往時の繁栄を今に伝えている(以下略)」
(この文章の、「都市」の部分に下線が引かれています)

そして設問は、「下線部について述べた文として誤っているものを、次の1〜4のうちから一つ選べ」
とあり、景徳鎮、リューベック、モンバサ、ポンディシェリという4つの「都市」についての文が並びます。

もはや上海など無関係。冒頭の文章は、「都市」という名詞を引っ張り出すためのものだったのです。
まったくナンセンス。くだらない。深みも何もありゃしない。

そんなこじつけの設問がまかり通るのであれば、こんな問題はどうか。作ってみました。

「インドアスポーツの発祥は古代ローマにさかのぼることができ、当時は貴族と民衆がともに熱狂した(略)」
(この文章の、最初の3文字「インド」に下線が引いてある)

続く設問はもちろん「インド」に関するものです。これだって、同じことでしょう?

さらに言うなら、「誤っているものを一つ選べ」とか「正しいものを一つ選べ」という設問も、ダメ。
選択肢の文の正誤を4つ全部は知らなくても、正答ができてしまう可能性があるからです。
それよりも、ひとつひとつの選択肢(文)の正誤をそれぞれ答えさせりゃいいじゃないですか。

前にも書いたように、世界史Bの凝った文章問題のような体裁は「まやかし」です。
求められているのは、短文の正誤判断でしかありません。もう単純に、正誤問題の羅列でいいんじゃないの?

関連記事
この記事のURL | 受験・勉強 | CM(0) | ▲ top
<<ムーミン問題 | メイン | 試験直前の悪あがき>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |