FC2ブログ
先駆けインフル薬
- 2018/02/08(Thu) -
大流行中のインフルエンザに関連して、明るい話題と言えば、新しい治療薬「ゾフルーザ」の登場でしょう。

タミフルなどの抗インフルエンザ薬は、細胞内で増殖したウイルスが細胞外に出るのをブロックする薬です。
一方でゾフルーザは、ウイルスが細胞内で増殖するのを、その初期段階で食い止めます。
単独では増殖できないインフルエンザウイルスが人の細胞内の「道具」を利用するのを、ブロックするのです。

増殖したウイルスを細胞内に閉じ込めるタミフルに対して、ゾフルーザはウイルスを増殖させない薬です。
その作用機序の違いによって、タミフルよりもウイルスを早く減らす効果があると期待されています。

先週厚労省の部会の審査で了承されたので、3月には承認され、5月ごろまでには発売される見込みです。
もしかすると、現流行シーズンの終わり頃には、処方ができるかもしれません。

ゾフルーザは、厚労省が優先的に審査する「先駆け審査制度」の対象品目として指定されていました。
画期的新薬を世界に先駆けて承認する「先駆け薬」としての指定要件をおおざっぱに言えば、次の4つ。
(1)画期性:新しく画期的な作用機序であること
(2)重篤性:生命に重大な影響がある疾患の治療薬であること
(3)有効性:既存薬に比べて有効性が高いと見込まれること
(4)日本製:世界に先駆けて日本で開発・申請されたこと

急いで導入するのはいいけど、もしも重篤な副作用が出たら、マスコミの格好の餌食になるでしょうね。
そのような場合でも、厚労省におかれましては、おかしな処方制限などを付けたりしないでいただきたい。
日本発の新薬が、日本以外の国だけで評価されるようなことのないように、お願いします。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<インフルしつこい | メイン | Macユーザーの市民権>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |