FC2ブログ
機内の咳
- 2018/02/27(Tue) -
所用があって、日帰りで沖縄に行ってきましたが、服装を間違えました。ツイードのジャケットは暑かった。

最近なじみになった熊本空港のラウンジでは、今日もパソコンと向き合っている背広の男性が目立ちます。
ネットサーフィンやゲームなどではありません。どなたもひたすらキーを打ってます。文章を書いてます。
報告書とか、企画書とか、そういう類のものでしょうか。まさかブログじゃないですよね。
その企業戦士たちの姿を目の当たりにして私も、iPhoneでこのブログをいま、書き始めたところです。

出張の往路か帰路か、搭乗までの待ち時間も惜しんでキーを叩きまくるスーツ姿の男たち。
航空機での移動は私にはまだ非日常でも、彼らにとってはバスかタクシーぐらいの感覚なのでしょう。

さて搭乗。後ろの方の席から、幼な子の泣き声と大人の咳込みが聞こえます。
子どもは泣くもの。しょうがない。問題は咳。後ろの席の咳。インフルエンザの可能性だってありますから。
こういうとき、咳のすぐ前の席の乗客は、イヤな気分でしょうね。確実にしぶきを浴びるのに逃げられない。

日頃のインフルエンザの診療ではいつも、病状改善後の登園・登校・出勤等が可能な日をお伝えしています。
子どもの親御さんは確実に、その規則を守ってくれます。でも、大人の患者がそれを遵守するかどうか。
少々体調が悪くても、まだ熱があっても、見切り発車して出勤する方もいるでしょうね。
どうしても休めない出張も、きっとあるのでしょう。でも、周囲は大迷惑です。
多人数が密室で長時間をともに過ごす航空機ではとくに、感染のリスクを考慮したマナーが大事です。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<がんを予防する自由 | メイン | 節煙は無意味か>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |