FC2ブログ
充放電回数
- 2018/03/02(Fri) -
リチウムイオン電池の充放電回数には、上限があります。
私が自宅でメインに使っているMacBook Proは、1000回の充放電でバッテリーが消耗するとされています。

ここでいう充電回数は、完全放電状態からフル充電するまでを1回とカウントします。
たとえばバッテリー残量が30%を80%まで充電したら、0.5カウントということになります。

充放電回数はOSのアプリで見ることができ、MacBook Proを買ったばかりの頃はよくチェックしてました。
何度チェックしても、なかなか100回を超えませんでしたが、今日、久しぶりに見たら、831回でした。
購入から4年と少しでこれですから、バッテリーの寿命はせいぜいあと1年ということになります。

iPhoneの場合は、500回の充放電でバッテリーが劣化するそうです。だいたい2,3年てとこでしょうか。
バッテリーが劣化したまま使い続けると、システムがいきなりシャットダウンする場合もあるようです。
そこでAppleは、バッテリーが劣化してきたらiPhoneの動作が遅くなるように、iOSを細工していました。

よかれと思ってやったことかもしれませんが、勝手なコトするなと非難され、欧米で集団訴訟も起きています。
古いiPhoneで動作速度を保つには、バッテリー交換をしなければなりません。
Appleは、バッテリー交換金額を8,800円から3,200に値下げしました。今年の12月までの対応のようです。

バッテリーは、残量がなくなり過ぎず、なるべくフル充電にもしないように維持するのが、理想的だとか。
Appleは、残量20%から80%の間を行ったり来たりして使うことを勧めています。

そんな理屈に私はすぐ洗脳されるので、iPhoneのフル充電状態を忌み嫌う体質になってしまいました。
充電ケーブルの差しっぱなしが嫌い。そのかわり、よくバッテリー残量不足になりますけどね。本末転倒です。

若い頃、車が重いと燃費が悪くなるので、ガソリンは決して満タンにはせず、いつも少なめにしていました。
おかげで、たびたびガス欠していたことを思い出します。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<インフルの次は胃腸炎? | メイン | 医者と高プロ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |