FC2ブログ
春ときどきPET
- 2018/03/20(Tue) -
約2年ぶりに「PET-CT検査」を受けてきました。愛犬の精密検査ではなく、自分のがん検診の一環です。

前回は、熊本地震から復旧したばかりの、日赤の健康管理センターで検査しました。前々回も日赤です。
ところが1年前に、日赤のPET-CT診断センターは業務を止めたので、今回は済生会病院に行きました。

まず、菊陽から行くには少々遠いですね、済生会。
遅刻しないように早めに家を出たら、早く着きすぎました。とにかく、待ち時間ばかりの1日でした。
(1)受付前で、1時間待つ
(2)血液検査などの予備検査
(3)PET検査室の前で、1時間待つ
(4)説明を受けた後、ブドウ糖に似た「FDG」に放射性同位元素「フッ素18」をつけた薬剤を注射
(5)FDGが全身にいきわたり、もしもがん細胞があればそこに集まるのを、1時間ほど安静にして待つ
(6)スキャナーの中に入り、約30分かけて陽電子放出断層撮影(Positron Emission Tomography)する
(7)また安静にして1時間待つ
(8)食事
(9)1時間待つ
(10)結果説明

読み物(文庫本)を持って行くのを忘れたので、(1)と(3)と(9)は雑誌熟読でしのぎました。
PET検査中の(5)と(7)は、読書もスマホも音楽も禁止なので、ボーッと寝てるしかありません。
フッ素18の半減期は110分。明朝には、私から出る放射線量は2800分の1以下になってますので、ご安心を。

関連記事
この記事のURL | 健康 | CM(0) | ▲ top
<<選挙工作あれこれ | メイン | 心房細動週間>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |