FC2ブログ
こどもの発想
- 2012/05/28(Mon) -
大人になると、固定観念が邪魔をして、画一的な思考になりがちです。
だからこどもに接したとき、しばしばその発想の自由さに驚かされます。

最近の例。診察室で、おなかが痛む子を前にして。

私「いちばん痛いときを10としたら、今は何ぐらい? 5ぐらい?」
子「いちばん痛いときでも3ぐらい」

大人の世界で通用する尺度を持ち出して相対評価を試みたら、こどもは、いきなり絶対評価をしたわけです。

小さい頃の娘との会話。

娘「色の中で何がいちばん好き?」
私「水色」
娘「数字の中で何がいちばん好き?」
私「7」
娘「じゃあ、水色と7では、どっちが好き?」

こどもたちのように、カテゴリーだとか、次元だとかに縛られない、自由な発想をしたいものです。

蛇足
「子供」という表記は差別的だそうで、マスコミでは「子ども」か「こども」を使っています。
今日のブログも、「子供」と書いて不快な気持ちになる方に配慮して「こども」にしました。
当の「こども」たちには何の関係もない、大人の論理です。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<バーベキュー | メイン | 心臓外科医不足>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |