無線LANの危険性
- 2018/05/03(Thu) -
街中のFREE Wi-Fiの危険性については、先日NHKも特集していましたが、今に始まったことではありません。
しかしなにしろ便利なので、出先でパソコンを使う時は、ついつい公衆無線LANにつなげてしまいます。

羽田空港でMacを使っているとき、FREE Wi-Fiにつないだらいきなり、ウイルスに感染したことがあります。
ウイルスチェックソフトが、これまで見たこともないような警告を発してきたのです。不正アクセスがあると。
もしかすると、ラウンジにいる誰かが私のMacに侵入しようとしているのかもしれません。誰?
周囲を見回すと、パソコンやスマホをいじっている人、多数。全員、容疑者。

あわててLANを切断し、すぐにウイルスチェックをかけたところ、2匹感染していました。駆除しました。
警告はありがたかったのですが、感染後の事後報告だったところが、惜しいですね。
しかも、全部駆除できたという保証もない。しばらくは毎日たびたびウイルスチェックを繰り返しました。
それでも不安なので、ウイルスチェックソフトを、それまでのESETからウイルスバスターに切替中です。

院内でも、無線LANは暗号化してはいますが、絶対安全かどうかはわかりません。
なのでインターネットにつながっている端末にはすべて、ウイルスチェックソフトを入れています。

例外的に、ネット予約システム「アイチケット」表示用のWindowsにはインストールしていません。
このPCは、アイチケット以外には利用していないので問題はないと、私はタカをくくっているのです。
だって、理論上わかっている危険性に、いちいち警戒していたら、キリが無いですよね。
・・・こういうのを「油断」というのかもしれません。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<ドラマの特殊性 | メイン | アップル売上高最高>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |