FC2ブログ
ドラマの特殊性
- 2018/05/04(Fri) -
あまり見てないのだけど、とか言いながらちょいちょい見ているのが、テレビドラマです。
映画もたまに、休診日にNetflixなどで鑑賞することがあります。映画館にはもう、だいぶ行ってません。

最近の医療系ドラマには、ある程度のリアリティーを感じる反面、ウソのような展開もしばしば見受けます。
それが荒唐無稽なものなら、所詮フィクションかと諦めもつき、漫画を読むような視聴態度になります。

ところが、医学的にはあり得るけど、普通は遭遇しないような疾患が、平然と登場したりするのが困るのです。
そんな稀なことが起こってたまるかい、と私がツッコんで済む事じゃない。一般の方に示しがつきません。
世の中の方は、そのようなひどく特殊な疾患や病状が、日常的に医療現場で現れるのかと錯覚してしまいます。

とは思うのですが、ここで私は何十年ぶりかで、旧友・松谷君の言葉を思い出しました。
「それは描かんのよ」

そうなのです。世の中の病院や手術室で起きていることのほとんどは、そのまま描いてもドラマになりません。
滅多に起きないけどたまに起きる、ドラマティックな出来事を選んで描くからこそ、ドラマなのです。

学生時代に、仲間で8ミリ映画を製作したことがあります。松谷君はそのときの監督です。
スマホ動画でもなければ、ビデオ映像ですらない、当時はまだ、8ミリ映画の時代(の末期)でした。

その頃はよく映画を観に行きました。そして、あとで皆でああだこうだ論評したものです。そんな時代でした。
映画のストーリー展開が作為的である、普通ならこうだ、なんて議論になると、先ほどのセリフが出るのです。
「それは描かんのよ」

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<こども(減少憂慮)の日 | メイン | 無線LANの危険性>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |