TVドラマに異議あり
- 2018/05/10(Thu) -
ドラマ『ブラックペアン』に異議ありと、日本臨床薬理学会がTBSに抗議したという話。
架空ドラマにそこまでムキにならなくても、とは思うのですが、学会にも言い分があるのでしょう。
医者への接待を繰り返す「治験コーディネーター」の描かれ方が、現実とはまったく異なるのが問題だと。

医学部や病院や医者をどれほど汚く、あくどく、あるいは荒唐無稽に描いても、だれも文句はいいません。
しかし、あまり知られていない職業の治験コーディネーターを悪く描くと、一般人の誤解を招くというのです。

たしかに『ブラックペアン』では、治験コーディネーターの露骨な接待が、強調して描かれています。
しかしこれも、ドラマを面白くするための演出なので、目くじらを立てる必要などまったくありません。

学会の立場や心配もわかりますが、視聴者はそんなに単純じゃないですよ。
破天荒な主人公も、教授たちの確執も、コーディネーターの接待も、みなフィクションだとわかってます。
それぞれが、ひどく極端な人物として描かれていることなど、百も承知。それがドラマなのです。

それを真に受けてテレビ局に抗議するなど、学会は医療ドラマのいい加減さをわかってないのでしょうか。
それとも、アホなフィクションに対してわざとマジギレしてみせるという、学会の高度なジョークなのか。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<詭弁を弄し通す | メイン | そして衣笠に並ぶ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |